山一造園株式会社|埼玉深谷市・熊谷市・群馬の造園業 水景と雑木の庭専門

お庭に水の潤いと雑木のやすらぎを取り入れた庭づくりをご提案します。造園のプロ山一造園株式会社にお任せください。

ご意見・お問い合わせフォームはこちら

ご意見・お問い合わせ

山一ガーデンプロジェクト/ハルニレカフェが2016年3月1日にオープン!カフェとお庭が融合したモデルガーデン【深谷市】

護岸の石積みと再利用の栗石乱張り

2016/06/01

 犬走りの石張りが完了する。

現場掘削で出てきた栗石。これを出来るだけとっておき、様々な場面で使ってきた。

以前、京都迎賓館でやはり現場からでた鴨川石を石工が一日30㎝真四角しか進めずに乱張りしたというものを見たことがある。それは物凄く美しい石張りで、国宝級の芸術が集結している京都迎賓館の中でも主賓の泊まる室の廻りに張り巡らされている。

場所は変わるがここは深谷の東大沼。しかも元の地盤ではなく造成ズリで尚且つ栃木方面のズリである。。。が、造園とはいかにそこにあるものを活用し、より良いものを考えだせるかという部分がとても大切であるし醍醐味である。この品の有る栗石を乱張りすることにした。

IMG_3410.JPGIMG_3411.JPG社員皆で、石の面を見つけては交代で張った。ちょっとうまくいかない部分は正直あったが、こうして石と戯れていると感覚が磨かれていく。エントランスデッキから事務所へのアプローチが出来上がった。夜は照明と深目地が幻想的な陰翳を見せる。

そして、池の庭は護岸の石積みが進む。これは群馬藤岡、鬼石の三波石の原石で組んでいる。

扱っていると、ほんとに良い石だとつくづく感じてくる。

IMG_3413.JPG

つづく。。。