山一造園株式会社|埼玉深谷市・熊谷市・群馬の造園業 水景と雑木の庭専門

お庭に水の潤いと雑木のやすらぎを取り入れた庭づくりをご提案します。造園のプロ山一造園株式会社にお任せください。

ご意見・お問い合わせフォームはこちら

ご意見・お問い合わせ

山一ガーデンプロジェクト/ハルニレカフェが2016年3月1日にオープン!カフェとお庭が融合したモデルガーデン【深谷市】

オープンを前に。深谷煉瓦のエントランスを造る。

2016/02/29

エントランスの構えを少しでも整えようと創作延段を考える。

戸谷先生から譲って頂いた深谷産の煉瓦。今は製造していないが、明治21年、渋沢栄一が設立した

「日本煉瓦製造株式会社」製の貴重な煉瓦だ。

旧煉瓦製造施設/深谷市ホームページ

写真の煉瓦は本庄の煉瓦倉庫を解体した時のもの。

富士機工株式会社 | 企業情報 | 沿革

門袖のように立ててみた。座っている「レンガマン」は現代の物。腕がもげてしまったので後でくっつけてあげよう。

IMG_2957.JPG

門袖の煉瓦は昭和に造られたもの。それは寸法でわかるらしい。大正14年以降に造られたものは21㎝×10㎝×6㎝。

そして製造した煉瓦には「日本」の刻印が入っている。

IMG_2956.JPG

大正14年以前、明治〜のころに造られたレンガは22.8㎝×11㎝×6.2㎝だそうだ。

そしてその煉瓦には「上敷免製」の刻印が押されている。右から読むとなんとなくわかる。

IMG_2954.JPG

上敷免とは深谷の地名であり、山一造園の所在地、東大沼の隣の地区にある。

100年前にこの地で製造された煉瓦が、時代を経て解体され、再びこの深谷の地「YAMAICHI GARDEN」に戻ってきた。

IMG_2953.JPG両サイドに、袖に見立てた塊を立て、枕木を敷きその間にそれらの煉瓦を組み込んだ。

数が限られているためデッキに近くなると石を小端立てにする。

IMG_2958.JPG

もともとこの地盤を掘削して出てきた栗石を選定して使う。そんな中にも一部「佐渡の赤玉石」を遊びで入れてみた。贅沢な。

そしてオープン前夜。出来る限りの掃除、準備をして上がる。いよいよだ。

マニアッカーズデザインさんに造ってもらったサインも取りついた。

12803013_915837418494287_9201184335273762722_n.jpg

上下写真は戸谷先生のFBから勝手に頂きました。綺麗に取って下さりありがとうございます。

12806203_915837248494304_3422106751881700144_n.jpg